• ホーム
  • 別名シミの漂白剤「ハイドロキノン」の作用とは?

別名シミの漂白剤「ハイドロキノン」の作用とは?

2019年11月11日
スキンケアをしている女性

肌のシミを消す方法として効果が高い成分の一つに、ハイドロキノンが挙げられます。 ハイドロキノンは、シミの漂白剤と言われるほどできてしまったシミを薄くする効果が高く、美容クリニックでも使用されています。
シミの色素自体を還元する力があり、その作用は一般的な美白成分の100倍以上もあると言われており、強力な漂白作用があることからシミの漂白剤と言われるようになりました。
クリニックではレーザー治療によって症状が悪化する場合がある肝斑の治療に、トレチノインと並んで使用されることが多く、肝斑を薄くする効果や紫外線によって肝斑が濃くなることを抑える効果があります。

ハイドロキノンは、肌の中で酸化して茶色くなったシミの色素を還元することでシミを目立ちにくくしていきます。
塗ってすぐに効果があるという訳ではありませんが、使い続けるうちに漂白作用によって色が徐々に薄くなり、次第に目立ちにくくなってきます。

また、紫外線を浴びると、肌の細胞は自分自身を守るためにメラニンを産生しますが、できたばかりのメラニンのもとが初めから茶色いわけではなく、酵素によって茶色いメラニンに変わるのです。
ハイドロキノンには、産生されたメラニンのもとを茶色い色に変化させる酵素の働きを抑制する働きもあり、茶色に変化することを防ぐことで、シミを予防することも期待できると言うことになります。
肌全体に薄く塗ることで、年々気になるようになってくるくすみを取り除く効果があり、透明感があるくすみが気にならない肌になりたい人にも人気です。

ハイドロキノンは、メラニン色素を還元して色を薄くしていく漂白作用とメラニンのもとが茶色いメラニン色素に変化することを抑制しシミの予防効果がある安全性が高い成分ですが、不安定で酸化しやすいという性質もあります。
紫外線や温度の影響を受けやすく、時間がたつと酸化して別の物質に変化してしまい、肌に刺激があるなど安全性を保ちにくいという性質があるのです。
暗くて涼しい冷蔵庫の中に保管し、1ヶ月以内に使い切る必要があります。

最近は、最先端の技術によって安定型のハイドロキノンが誕生しています。
酸化などの変質が起こりにくく刺激性も軽減しているため、安全性が高くなっていることが魅力です。
化粧品などに配合されているものの多くが安定型ハイドロキノンですが、安全性や適切な濃度、肌の状態などに不安がある場合には、美容クリニックで医師が処方したハイドロキノンを使用したり、ドクターズコスメなどを利用することがおすすめです。

関連記事
どちらもどうにかしたい!シミとそばかすの違いとは

年齢肌の悩みのひとつであり、35歳以上になると急激に増加するシミと、元々あったけれども加齢とともに濃くなっていくそばかすがあります。鏡をみるたびに気になってしまうというシミとそばかすは両方ともメラニン色素によるもので、紫外線を浴びることで濃くなるという性質が共通しています。シミができている部分では、

2019年11月29日
トレチノインはシミにどう効くのか

シミが気になる場合に使用されることがあるトレチノインは、ビタミンA誘導体でシミや小じわニキビを改善する治療薬として美容クリニックも使われている治療薬です。もともと人間の体の中にある成分なのでアレルギーの心配がなく、肌の再生効果がありシミや小じわを目立ちにくくすることが期待できます。トレチノインは、皮

2019年10月27日
ハイドロキノンとトレチノインは通販で安く買える

肝斑の治療で使われることが多く、シミやそばかすをきれいにする効果が高いハイドロキノンとトレチノインは、美容クリニックを受診して医師の診察を受けた上で、処方してもらうことができる軟膏です。シミの漂白剤と言われるほどの還元作用があるハイドロキノンと肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを活性化さ

2019年12月19日
もうシミを増やさない!箇所別の有効な日焼け対策は?

シミは紫外線の影響によってでき、紫外線の影響によって濃くなったり増えたりします。シミを増やさないためには、紫外線対策をすることが大切で日焼け止めクリームを毎日使っているという人も多いのですが、2重3重の日焼け対策をすることで、シミを効果的に防ぐことが可能です。日焼け止めクリームは手軽に全身に使うこと

2020年01月05日
日焼け後のアフターケアでシミを抑制

強い紫外線にあたると、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうことを防ぐためにメラニンを放出して肌が焼けます。日焼けを繰り返していると、細胞がダメージを受けて皮膚がんになってしまうこともあるほど紫外線の影響は大きく、後々までダメージが残ることもあるのです。日焼けは火傷と同じで皮膚へのダメージが大きく、日焼

2020年02月04日
ビタミンC誘導体とシミの関係

紫外線を浴びるとシミのもとになるメラニンが発生するとともに、活性酸素を発生させて細胞にダメージを与えます。ビタミンC誘導体には、メラニンを発生させる酵素の活性を抑える働きがあるため、メラニンの生成が抑制されてシミができるのを予防することができます。また抗酸化作用によって紫外線によって発生する活性酸素

2020年02月29日
メイクでシミ消しに有効なのはリキッドファンデーション?コンシーラー?

できてしまったシミが気になる場合にパウダーファンデーションを塗り重ねてしまうことはよくありますが、パウダーファンデーションでシミを隠そうとすると厚く見えたり、透明感がなくなったりして老けて見えるようになります。薄いシミをぼかして上手に隠すことができるリキッドファンデーションと、濃いシミを局所的に隠す

2020年04月09日
巷で噂のレモン汁等のクエン酸はシミに効くのか?

シミが目立っているときにビタミンCが良いと聞いて、ポッカレモンなどの食用レモンなどのクエン酸を肌に直接つけようと考える人がいますが、間違った対応でかえってシミが濃くなったり、増えてしまったりすることや肌が炎症を起こして肌荒れになってしまうことがあるので直接塗ってはいけません。ポッカレモンなどの食用レ

2020年05月18日
累積で出始めてくるシミ年齢は35歳

肌自体がきれいでも、顔にシミがあると老けて見えるため、女性にとって大きな悩みのひとつです。年齢を重ねるほど増えてくるのは加齢の影響もありますが、累積した紫外線の影響でもあるため、特に35歳から急増するといわれています。20代の頃は気にならなかったのに、30歳を過ぎたころからシミが出始め、35歳から急

2019年10月13日