• ホーム
  • 累積で出始めてくるシミ年齢は35歳

累積で出始めてくるシミ年齢は35歳

2019年10月13日
鏡を見ている女性

肌自体がきれいでも、顔にシミがあると老けて見えるため、女性にとって大きな悩みのひとつです。
年齢を重ねるほど増えてくるのは加齢の影響もありますが、累積した紫外線の影響でもあるため、特に35歳から急増するといわれています。
20代の頃は気にならなかったのに、30歳を過ぎたころからシミが出始め、35歳から急増するという人は多く、老けた印象になっていくことが気になり始めるのも35歳ころからです。
紫外線を浴びると、肌は紫外線から自分自身を守るために色素細胞を活性化してメラニンを作り出します。
長時間にわたって強い紫外線を浴びるとメラニン色素を作り続けてしまうばかりでなく、肌をより一層守るために消えにくいメラニンを作るという機能が人間には備わっています。
メラニンは肌を紫外線から守るという大切な働きがあるのですが、シミができる原因でもあるのです。

齢とともにターンオーバーのリズムが乱れて肌の生まれ変わりが遅くなることで、メラニンが過剰に放出されてシミができる状態になっても、ターンオーバーが正常に働いていれば、メラニンが排出されて自然に消えていきますが、齢とともにターンオーバーのリズムが乱れて排出がうまくいかなくなってしまうため、シミとして肌に残るようになるという訳です。
見えているシミが増えるスピードは、年齢とともにあがっていくのですが、このスピードが35歳から増していくと言われています。

日焼け止めを塗っていたのにシミが増えてしまうということはよくあります。
日焼け止めを塗っていても、紫外線を残さずカットできるわけではないため、肌には少しずつ紫外線が届いてしまっています。
特に乾燥で肌が弱っている冬の後に、急激に紫外線量が増える春はダメージが蓄積しやすい季節です。
弱っている肌は、紫外線から肌を守ろうとメラニンを放出しやすくなる上に、乾燥でターンオーバーが乱れがちで、メラニンが蓄積しやすい状態と言えます。
続いて日差しの強い夏になるため、春のダメージと合わせてメラニンが蓄積しやすくなり、日焼け止めを塗っているのに日焼けをしてしまったり、シミやそばかすが濃くなってしまったりするということが起きます。

ベースメイクでは消えないシミの悩みが深刻になる35歳からは、ベースメイクにコンシーラーを使う人が増えてきます。
美白専用のスキンケアを使うようになったり、シミそばかすをカバーするカバー力が高いベースメイクに切り替える人も増えてきます。
隠したくなる気持ちは当然ですが、ベースメイクでは隠すことはできても消えるわけではないので、ビタミンCなどの美白成分が入ったスキンケアやビタミンC誘導体の内服薬などを併用したりして、コンシーラーいらずの肌になることがおすすめです。

関連記事
どちらもどうにかしたい!シミとそばかすの違いとは

年齢肌の悩みのひとつであり、35歳以上になると急激に増加するシミと、元々あったけれども加齢とともに濃くなっていくそばかすがあります。鏡をみるたびに気になってしまうというシミとそばかすは両方ともメラニン色素によるもので、紫外線を浴びることで濃くなるという性質が共通しています。シミができている部分では、

2019年11月29日
別名シミの漂白剤「ハイドロキノン」の作用とは?

肌のシミを消す方法として効果が高い成分の一つに、ハイドロキノンが挙げられます。ハイドロキノンは、シミの漂白剤と言われるほどできてしまったシミを薄くする効果が高く、美容クリニックでも使用されています。シミの色素自体を還元する力があり、その作用は一般的な美白成分の100倍以上もあると言われており、強力な

2019年11月11日
トレチノインはシミにどう効くのか

シミが気になる場合に使用されることがあるトレチノインは、ビタミンA誘導体でシミや小じわニキビを改善する治療薬として美容クリニックも使われている治療薬です。もともと人間の体の中にある成分なのでアレルギーの心配がなく、肌の再生効果がありシミや小じわを目立ちにくくすることが期待できます。トレチノインは、皮

2019年10月27日
ハイドロキノンとトレチノインは通販で安く買える

肝斑の治療で使われることが多く、シミやそばかすをきれいにする効果が高いハイドロキノンとトレチノインは、美容クリニックを受診して医師の診察を受けた上で、処方してもらうことができる軟膏です。シミの漂白剤と言われるほどの還元作用があるハイドロキノンと肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを活性化さ

2019年12月19日
もうシミを増やさない!箇所別の有効な日焼け対策は?

シミは紫外線の影響によってでき、紫外線の影響によって濃くなったり増えたりします。シミを増やさないためには、紫外線対策をすることが大切で日焼け止めクリームを毎日使っているという人も多いのですが、2重3重の日焼け対策をすることで、シミを効果的に防ぐことが可能です。日焼け止めクリームは手軽に全身に使うこと

2020年01月05日
日焼け後のアフターケアでシミを抑制

強い紫外線にあたると、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうことを防ぐためにメラニンを放出して肌が焼けます。日焼けを繰り返していると、細胞がダメージを受けて皮膚がんになってしまうこともあるほど紫外線の影響は大きく、後々までダメージが残ることもあるのです。日焼けは火傷と同じで皮膚へのダメージが大きく、日焼

2020年02月04日
ビタミンC誘導体とシミの関係

紫外線を浴びるとシミのもとになるメラニンが発生するとともに、活性酸素を発生させて細胞にダメージを与えます。ビタミンC誘導体には、メラニンを発生させる酵素の活性を抑える働きがあるため、メラニンの生成が抑制されてシミができるのを予防することができます。また抗酸化作用によって紫外線によって発生する活性酸素

2020年02月29日
メイクでシミ消しに有効なのはリキッドファンデーション?コンシーラー?

できてしまったシミが気になる場合にパウダーファンデーションを塗り重ねてしまうことはよくありますが、パウダーファンデーションでシミを隠そうとすると厚く見えたり、透明感がなくなったりして老けて見えるようになります。薄いシミをぼかして上手に隠すことができるリキッドファンデーションと、濃いシミを局所的に隠す

2020年04月09日
巷で噂のレモン汁等のクエン酸はシミに効くのか?

シミが目立っているときにビタミンCが良いと聞いて、ポッカレモンなどの食用レモンなどのクエン酸を肌に直接つけようと考える人がいますが、間違った対応でかえってシミが濃くなったり、増えてしまったりすることや肌が炎症を起こして肌荒れになってしまうことがあるので直接塗ってはいけません。ポッカレモンなどの食用レ

2020年05月18日